studioRAVEN/レイバン guitar shop; RAVEN/レイバン
〒385-0003 長野県佐久市下平尾612-6

「青で元気」(2018年10月22日〜)

青で何を思い出すのか。

たくさん見てきたはずなのに、
千代紙、クレヨン、色鉛筆と、
数えるほどの記憶。
好きな色じゃなかったのかも。

意識次第でもう少し思い付くだろうか。
とりあえず、目の前にあるのは
カメラがとらえた空と車の色。

空のきれいさはお天気次第。
車のきれいさは洗車次第。

青がきれいなように、洗車頑張る。
なぜなら、青って元気が出る色だから。

「買い物の恐怖(It's all up to you)」(2018年10月20日〜)

聴いてみたいLPレコード。

弾いてみたいギター。

取り付けてみたい自動車パーツ。

その他諸々、安い買い物じゃない。
だから襲われる買って失敗したくない恐怖。

たとえ無駄に思えても、
それは結局のところ自分次第。
きっと欲しいもの=良いもの。

そんな所に幸せ感があるに違いない

「柿が食べたい(An autumn song)」(2018年10月17日〜)

近所の柿の木
枝にはたくさんの柿の実、柿の実、柿の実。
渋いのか、それとも甘いのか。

食べてみればすぐ分かる。
だから食べたい、鳥たちは先に口にしてるし。

そんな事を思っていたら
熟して色が変わってきたよ。
中には引力で木から落ち始める。

食べてみたら甘かった。
鳥や動物が喜んで食べる理由が分かったよ。

こんな今年の秋、an autumn song...

「月を見つけた」(2018年10月14日〜)

子どもの頃、アポロ・ロケットが行った場所。
見えるから近くに思えて、実はそれほど近くない。
ロケットに乗ることはないけど、見てるだけで十分。
空を飛ぶ鳥だってそう思っているハズ。

ただ、雲に隠れないように願うだけ。
月の引力を感じる力はないのだから。

21世紀の今、また人間が月の上に立つのかな。
今見てる月の景色も、変わっていくのかも。
そんな未来に、僕はいないだろうけど。

あの空の月を見ておこうと願うだけ。
太陽の光を反射する、あの月を。