2017年12月15日 3961&伊藤寛人&山うらたかよ

という、脈略のないような組み合わせに思えますが、12月17日夜のライ
ブでお待ちしておりますヨ、みなさん!!!

そして、現時点では1月のライブ企画は決まっていませんが、定着を目指
している「RAVENセレクト」企画(→基本的にはセッション中心)の枠内で、
ようやく?新たなアイディアが浮かんできました。

簡単に説明すると、ライブのリーダーとなる方を中心にライブの前にまず
デモ録音盤を制作。その後、その発表&プロモーションの場としてライブ
を行おう、というもの。実際には録音メンバー選びなど、簡単に進まない
と予想される部分が多いですが、色々意見交換などさせていただけたら
幸いですワ。

で、このアイディアの元になっているのが、ここ最近聴いているECMレー
ベルの音源。そのひとつが、コチラ↓;

円で囲った方のリーダー作品、"Blue Maqams"/Anouar Brahem(2017)。
手にしているのはoudという楽器で、形や音色はギター的。参加メンバー
は、
bass= Dave Holland
drums= Jack DeJohnette
piano= Django Bates
リズム隊のおふたりは、常連。いわゆる「ファースト・コール」ミュージシャン
という事でしょう。そうです、RAVEN周辺にも地元ファースト・コール的ミュー
ジシャンはいるだろうと。わたしもベース練習して、100番くらいで呼ばれる
ベーシストになりたいですが、どうなるか...

ECMレーベル作品以外で、視点を変える刺激を受けたのがコチラ↓;

"Atom heart mother"/Pink Floyd(1970)

このジャケットからして、牛の耳には牛の耳に響く音があるように、人間
にとっても日常生活に溶け込む形での音があることを提示しているよう。
こんな作品、売ろうと思って作っているとは思えませんから(笑)。


2017年12月14日 紙媒体

週の初めに発表会を観たギター教室の生徒さんがいる、とある楽器屋さ
ん。たまたま、その生徒さん自身がいて、「発表会に出ていなかった」と問
い詰めますと、まあ、間に合わなかった、とのご返事。来年、楽しみにしま
しょう。

その生徒さん=店員さんからすすめられたのが、今年になって配布される
ようになった、新しいフリーペーパー(↓);

どこ制作なのか定かではありませんが、内容はプロ・ミュージシャンの使
用楽器紹介が中心。ここのところ、iPad経由の情報ばかり(ほぼ無料で)
見てきましたが、こうした紙の媒体も良いもので。知らない機材、満載で
す(笑)。

年末ということで大掃除のタイミングではありますが、古くなってもお気に
入りはいつまでたっても捨てられそうもありませんワ(↓)。

さあ、週末はお掃除も大切ですが、お時間作ってライブへお出掛け、とい
うのも良いですヨ〜(笑)。お待ちしてま〜す。


2017年12月13日 イベント

12月のライブ企画、「伊那は良いナ〜vol.2」が近づいてきました;

アコースティック・ギターおふたりにウクレレおひとりの、3組でお届けする
出直しライブ。寒いとは思いますが、お時間ありましたらお出掛けください。
同時にver.6.1となったRAVENも、ジロジロ見てやってください。

告知といいますと、お客さんの笹田和裕さんからいただいたのが、コチラ;

笹田さんの写真が、なぜか左端に小さく...フルートの方は、「フルート
の重鎮」らしいです。

さあ、わたしもあまりに弾けなくなっていたベース・ギターの練習始めます
ワ。ガット・ギターよりも、ベースの方が優先順位高いです!!!


2017年12月12日 暖房

"高畑の部屋"化が進展し、初めて迎える冬。気持ち良いのでゴロゴロし
ていますが(→サボリ癖が抜けない...)、特に入り口付近は外からの
冷気が感じられ、1月、2月の本格的な寒さに対策をとろうと思い付いた
のがコチラ↓;

サイズが小さいですが、冬用の暖房用カーペット。試してみると、600W
とヘアドライヤー並みの電力で、その上にいる限りは確かに暖かい。ま
あ、わたしひとりなのでゴロゴロ暖かいですが、お客さんらがどう使うの
か、しばらく様子を観察予定。

蛇足ながら、最近気にしているのがレコード再生用のカートリッジ。使っ
ていなかった時間が長いとは言え、30年もの?とビンテージ・クラス。交
換針も手にはいるのか、はいらないのか調べないと。


2017年12月11日 ナイロン弦

丸山彰一さんのギター教室発表会明けの、今日。単純なわたくしなので、
聴くLPはギターもの(=Dominic MillerやRobben Ford)、弾くのは電気&ア
コースティック両方とギターしか目にはいらず(笑)。

ただ、ナイロン弦をはったギター=ガット・ギターは手元になし。まあ、弾こ
うと思ったことがなかっただけなのですが、ここにきて急に弾きたくなって
きました。

イヤ、考え方によってはようやくガット・ギターに行き着いたのかも。これ
は大きな成長です(笑)。

こんな気ままな発想ができるようになったのは、早速行ってきた歯医者
さんのおかげ。前夜は痛みで眠りが浅いほどでしたが、歯医者さんに診
てもらったらすっかり痛みから解放されまして、食事もおいしくなりました。

しばらく通院が続きますが、とにかく歯の痛みがおさまっているのがうれ
しい1日で。


2017年10月 商売っ気を取り戻すver.6.1で